ドル円は108円台後半で小動き。米長期金利は上昇したものの、109円台回復には至らず。ユーロドルは前日よりもやや水準を切り上げる。1.2178まで買われる場面もあり底堅く推移。株式市場は3指数が揃って反落。FOMCメンバーが労働市場に対する楽観的な見方を示したことや、商品市況の上昇にハイテク株が売られた。債券市場は軟調。長期金利は1.60%台へと上昇。金は4日続伸。原油は落ち着いた動きを見せ小幅高。 ド・・・・

続きを読む