2050年ごろには先進国の半数の人々が100歳まで生きるようになるという研究結果がある。そして、日本は2050年には65歳以上の高齢者が人口の約4割を占める社会になると予測されている。この超高齢社会が明るい社会になるのか、暗く厳しい社会になるのかは、私たち一人ひとりの行動にかかっている。コロナ禍で、私たちは想像もできない変化が突然やってくる現実を思い知らされた。三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用し・・・・

続きを読む