5月の雇用者数の結果を受けドル円は反落。米長期金利が低下したことで109円37銭までドル売りが進む。

 ユーロドルは反発。1.21台前半から買われ、1.2186前後まで上昇。

 株式市場は3指数が揃って上昇し、ダウとナスダックは最高値に迫る。5月の雇用者数が増加したものの勢いは鈍く、FRBがテーパリングを行なうには不十分との見方から株式が買われた。

 債券・・・・

続きを読む